> > 東京都港区高級賃貸タワーマンション編の不動産コラム

お知らせ

東京都港区高級賃貸タワーマンション編の不動産コラム 2017年03月17日

赤坂高級賃貸タワーマンション紹介

俗に言う「タワマン」そうタワーマンションについて記載したいと思います。
そもそもタワーマンションに初めて住んでみようかと考えた時に、良い点と悪い点がすぐに分からないものです。
住んだ後で、思ってたのと違ったという思いをしない為にもぜひ、ご一読ください!

タワーマンションの定義とは


タワーマンションは、高層マンションですが結論からいうと、目安は高さ60m以上、20階建て以上といったところでしょう。
タワーマンションという用語自体に法的な基準はなく、階数による定義などもありません。
しかし、建築基準法や消防法などでは、31m、60m、100mと、建物の高さによって異なる基準が設けられています。

一般的には、このうち高さ60m以上の建物が超高層建築物とする考え方が広まっており、これに該当する住居用建築物をタワーマンションと呼んでいます。
高さ60m以上のマンションは、階数にするとだいたい20階建て以上になります。つまり、タワーマンションとは、高さ60m以上、階数でおよそ20階建て以上の住居用マンションと考えてよいでしょう。


また、ハイスペックな共用施設やサービスを有する物件が多いことも特徴のひとつです。
パーティールームやプール、ジムなどのほか、住人の親戚や知人が宿泊できるゲストルームが完備されている物件もあります。
24時間体制のフロントコンシェルジュやクリーニングの受け渡しといった、日常生活に役立つサービスを行っている物件も少なくありません。
タワーマンションと呼ばれるマンションは、法律に裏づけられた建物のクオリティと施設・サービスの充実度の双方において、大きな魅力を持ち合わせているといえるでしょう。

タワーマンションのメリット・デメリット



■メリット
・虫の被害が圧倒的に少ない

・夏は涼しく、冬は暖かい

・エントランスの華やかさ

・共用施設がハイスペック

・防犯に優れている

タワーマンションの多くは、エントランスが広く、また地震の重さに耐えれる構造の素材が使われている為、とても豪華な材質で作らえれています。またコンシェルジュのサービスが付いているタワーマンションが多いので、御用聞きとして何かと便利な生活を送る事ができます。


■デメリット
・耐震性に優れているがゆえに、よく揺れる

・混みあう時間は、エレベーターに時間がかかる

・外出が億劫になる



以上のような理由から、私個人の意見としては、タワーマンションの低層階!!!!!
これが一番ベストな選択のようにも感じられます。眺望を見てからですが、なるべく低層階をねらってみるのもおもしろいかもしれません!


お知らせ一覧へ

お部屋の資料を一括請求! 候補リスト

お気に入りの物件や気になる物件が
あれば、「候補リストに追加」のボタンをクリックして下さい!
候補リストでは物件を比較してご覧頂け一括でお問い合わせ・資料請求ができます。

物件フリーワード検索


     複数キーワード可

物件リクエスト

物件カテゴリー一覧

お知らせ・日記一覧